こんにちは。
今日も各地で、体温を超えるような大変暑い一日です。

さて、夏休みも後半に入ったので、自由研究等の学習で活用できそうな、楽しい学習を紹介していきます。
1回目の今日は、英語クイズを作ろう!です。

子どもに人気のWhat am I?

個別、グループレッスンの最初にやる【What am I(私は誰でしょう)?】どの年齢の子どもにも、結構盛り上がります。

以下は、実際に、小学校中学年の子どもとやったものです。

I am food.

You can eat me.

My main body is yellow.

I often wear green skin at supermarket.

Many children love me when I am white.

どうですか?答えが分かりましたか?

It’s corn!

子どもとやる時は、できるだけ日本語を使わない代わりに、イメージできる画像等を使っています。

そして、子どものレベルに応じて、できるだけ簡単な単語でやりとりをします。

子どもも、画像を見ながら色々イメージして、それを英語で表現します。

授業のスタートとしては、とても楽しく始められるので気に入っています。

実際に考えてみよう!

考えよう!と言っても、子どもも急にできるわけではありません。

最初にカテゴリーを決める

おススメのカテゴリー

  • 食べ物
  • 動物
  • スポーツの道具
  • 自然界にあるもの
  • 身の周りの乗り物
子どもが、答えを1つ考える
1つ目のヒントを考える

大きなカテゴリー

  • 種類
  • 大きさ
  • 場所
2つ目のヒントを考える

答えが2-3個思いつく

  • 用途
  • 1つ目のヒントの補足
  • 大きな特徴
最後のヒントを考える

答えがほぼ確定できる

  • 決定的な決め手
  • これしかない!もの

実際に子どもがつくったクイズ

この時のカテゴリーは、【身の周りの自然】です。

I live in the sky.

I am very hot.

I sleep night.

You cannot see me night.

空に住んでいて(月、太陽、雲??)

すごく熱い(太陽??)

夜は寝るから見えない(太陽!)

It’s the Sun!

子どもが、使っている英語なので、冠詞が抜けていたり、【夜は寝ている】という表現だったりしますが、よく考えられています。

これを繰り返すことで、子どもは、何かを説明する方法を学びます。説明する時に、どんな情報をどのように伝えれば良いか

これはRephrasingにもつながり、単語を思い出せない、知らない時に、別な言葉で説明できるようになります。

【銀行】という言葉が分からなければ、【お金を預ける場所】【ATMがある場所】など説明することで、表現したいことを伝えることができます。

これは、英語を使う上で、とても大事なスキルになります。

まとめ

あまり手間ひまをかけずに、ゲーム感覚でできる【What am I?】はいかがでしたか?

  • 画像やイラストを添える
  • 3問ほどクイズを作成する
  • 家族や友達数人に質問する
  • 問題ごとに正解者数をまとめる
  • どの問題が答えやすかったかまとめる
  • クイズ作成の手順や気を付けたことをまとめる

上記のようにまとめたら、立派な1つの研究になると思います。
まだ、自由研究がお済みでない場合は、トライしてみてはいかがですか?

その他の研究はこちらから。

  • ブックマーク