You’re welcomeだけじゃない『どういたしまして』

今回は、日本で『おもてなし英語』として使える簡単フレーズ『どういたしまして』を紹介します。

学校で、『どういたしまして』と習うのは

『You’re welcome!』ですよね。

 

実際、ネイティブの人たちは場面によって色々な『どういたしまして』を使い分けています。例えば、

Happy to help.(ハッピー トゥー ヘルプ)という言い方。

私も、良く使っていましたが・・・

『喜んでもらえて自分も嬉しいよ!』というニュアンスになります。

他には、

My pleasure. (マイ プレジャー)

直訳すると『私の喜び』となり、『感謝されて光栄です!』という意味を表すことができます。

私のホストファーザーも、私がお礼を言うと、この表現を使っていました。

『君の力になれて良かったよ!』っていう感じですね。

 

『どういたしまして』を表すにも色々な言い方があり、相手に伝わる印象も変わります。

特に日本で、海外からの訪問者をもてなす時には、

【道を教える】【電車の乗り方を教える】等、突然声をかけられて驚いて、頭が真っ白!な場合もあるかもしれませんが、

『My pleasure.』や『Happy to help.』

『You’re welcome.』以外のバージョンを1つ知っているだけで、

旅行者の外国人へのおもてなしができるのです。

 

You’re welcome.だけでももちろん問題はないです。が、もう一声!で上記のような表現を使うと、

『こちらこそ力になれて、嬉しいよ~』という本物の『おもてなし精神』が伝わること間違いなし!です

知っトク!ですので、是非覚えて練習してみて下さい。

  • ブックマーク