こんにちは。

学校生活では、多くの試験やテストがありますよね。

今日は、そんな試験やテストの結果の見方に付いての話です。

大切なのは結果ではなく過程

先日、こんな話がありました。

うちの子、小テストで半分しか点数取れてなかったんです!

特に、子どもが毎日勉強している様子だと、親は不安になりますよね。このような相談は割とたくさんあります。

そのような場合、コロウッドでは、可能な限り、テストを見せてもらうようにしています。なぜか??

Aさん: 2点

  • 月曜日:Monday
  • 火曜日 : Tusday
  • 水曜日 : Wensday
  • 木曜日 : Tharsday
  • 金曜日 : Friday
  • 土曜日 : Sataday
  • 日曜日 : Sanday

Bさん : 2点

  • 月曜日:Monday
  • 火曜日 : Tuseday
  • 水曜日 :
  • 木曜日 :
  • 金曜日 : Friday
  • 土曜日 :
  • 日曜日 : Sanday

どちらも、7点満点のうち2点ですが、この2つの解答の違いが分かりますか?

点数だけ聞くと、どちらも2点で、少し残念な点数です。もう少し頑張りたいところですよね。

Aさん: 分かることと指導法

  • 曜日名を音では覚えている(口頭で言える)
  • 木曜日のThursdayがSではなくThで始まると知っている
  • 間違いは全てつづりが原因
  • 間違いやすい部分のつづりの練習が必要
  • あと一歩できちんと書けることを伝える

Bさん: 分かることと指導法

  • 水・木・土曜日はまだ覚えていない(口頭で言えない)
  • 覚えているものは概ね予想してつづれる
  • 間違いは、覚えていない+つづりが原因
  • まずは、全て口頭で言えるように覚える
  • 音の次は、つづりのポイントを指導する

このように、同じ2点でも、現在習得していることも、次にやるべきことも、異なります。これを、同じように

2点てどういうこと?ちゃんと勉強したの?これじゃ、これからついていけないよ!

なんて言ってしまうと、子どもは、

  • どうせ自分は勉強しても、良い点数なんて取れないんだ!
  • こんな難しいの自分には無理だ!
  • 英語なんて嫌いだ!

となっていきます。

もしかしたら、Aさんは一生懸命練習したけど、細かい所が覚えきれないのかもしれません。Bさんは、そもそも曜日の音を全て聞き取れていないので、言い方が分からないのかもしれません。もしくは、二人とも、他の子どもより、勉強の時間が足りなかったのかもしれません。

いづれにしても、

結果で一喜一憂するより、過程 から次につなげることが重要

です。

思う様な結果ではなかった時にすべきこと

勉強を必死でしても、しなくても、思う様な結果が出ない時があります。そんな時は、どんな対応をすれば良いのでしょうか。

コロウッドでは、以下のような対応をしています。

子どもの想いや考えを聞く
  • 結果は予想できたものか:①勉強してないから仕方ない ②勉強したし、結構できると思ったのに
  • 何か思い当たる原因:①勉強不足 ②問題が難しすぎた ③ケアレスミス ④前に勉強したことを忘れた
子どもと結果を分析する
  • できている部分とできていない部分
  • できていない部分の原因:ケアレス・知識不足・不完全な理解など
  • 実際の問題の難易度:子どもは難しすぎると感じたが、子どもの本来の力ならもう少しできるはずなど
子どもと過程について考える
  • 良かった部分と良くなかった部分の洗い出し:前日は頑張ったけど、勉強開始日が遅すぎて時間が不足した
  • 勉強方法の見直し:次回に向けて改善できる点や、不適切な方法はなかったか
学習のポイントや次回へ向けたアドバイスをする
  • 学習開始時期の確認
  • 次回の目標や計画
  • 効果的で適切な学習方法

学習への取り組みが不十分だったことや、ケアレスミスを責めても何も良い効果はありません。「もっとこうすれば~」というのは、子ども自身が一番感じて、点数が悪ければ、子ども自身が一番みじめな思いをしています。

そこで、追い打ちをかけるように、親や私たちのような指導者に小言を言われたら、うんざりですよね。

少しでも、次につながる対策や方向性を示して、その子どもができる範囲で導いていくことが重要です。

全く勉強していなかった子どもに、今日から1時間勉強しなさい!と言っても、それは無理です!それよりも、1日5個の漢字を覚えなさい!というように、具体的なゴールや、やり方を示して、それをサポートすることが必要です。

俺はやるぜ!ノートの威力

最後は、実際に効果のあった取組み【俺はやるぜ!ノート】の活用です。

これは、受験生を担任していた時に、最初は【合格を勝ち取るノート!】と名付けて、生徒に配布していたのですが、どうにも勉強モードに入らない男子がいるので、ノートの表紙に【俺はやるぜ!】と繰り返し書いて、オリジナルノートにしたのです。

表紙の裏側に、上記のような言葉が書かれた紙を貼っています。

ある生徒の話

  • 毎日上記のノートで英単語を20個×10回練習していた
  • 英語のワークは、ほとんど分からないので答えを写して提出した
  • 教科書本文の意味は、だいたい分かる
  • 試験前の1週間、英語は毎日1時間勉強した
  • 試験は思ったより難しかった
  • 試験の点数:38点 クラスの平均:67.5点

入試まで、1年を切ったこともあり、この点数に驚いて、当時の担任である私に相談。コロウッドで行っている対応と同様に、彼と話し合いをしました。

子どもの想いや考えを聞く
  • 今までより頑張ったので、せめて平均点くらいはいくと思った
  • 練習していた単語はできたが、文法などの問題は、ほとんどできなかった:多分ワークの答えを写したせいだと思う
  • この点数は、かなりショック
子どもと結果を分析する
  • できていた部分:①単語とその意味 ②本文の意味や内容の問題 
  • できなかった部分:①文法(穴埋め)の問題 ②並べ替えの問題 ③英作文
  • できていない部分の原因:ワークや練習問題が足りていない
  • 問題の難易度:彼の理解力で、適切に学習すれば平均点は確実に超えられる問題であると伝える
子どもと過程 について考える

良かった部分

  • 毎日英語の勉強を1時間はした
  • 英単語の練習をした
  • 答えを写したけど、ワークを提出した

良くなかった部分

  • 週末は、もう少し勉強できた
  • ただ単語の練習をするだけで、確認はしていなかった
  • ワークは、できる問題があったかもしれないけど、初めからやる気がなかった

勉強方法の見直し

  • 次回は、ワークをできるところはやる
  • ワークの分からない所は、答えを見て覚える
  • 単語の練習の後は、自分で確認する
  • 【俺はやるぜ!ノート】で、問題練習をやってみたい?彼の希望
学習のポイントや次回へ向けたアドバイス をする
  • 今日から、改善した方法で勉強すべし!
  • 毎日10問、文法の基礎を【俺はやるぜ!ノート】に解く
  • それ以外に、単語の練習は、数を半分にして行う
  • 学校の授業でやった部分をすぐに、ワークでやってみる
  • テスト前に、もう一度ワークをやる
  • 次回の目標点は、70点

この後、毎日彼に、A4プリント1枚を渡して、彼は【俺はやるぜ!ノート】に、解いていきました。分からない時は、クラスの友だちに聞いていました。そして、ワークは、授業でやった後に、少しずつできるように授業でも取り組みを行いました。

休み時間にも、コツコツ勉強している彼の姿を何度か見ました。

そして、約1か月後の、期末試験がきて、彼は英語で、平均点を大きく超え、彼の目標点でもあった70点をも超える78点を取りました。そして、驚くことに、他の教科も、軒並み平均点以上の点数が取れていました。

たった1冊のノートではあるものの、些細なことで、気持ちが勉強に向き、更には、最初の試験での失敗から学び、少し前進することができたわけです。

実は、この【俺はやるぜ!ノート】は、受験生を持つ度に配っていましたが、あまり勉強が得意ではない、勉強が好きではない子どもの9割は、このノートにより、学習法を少しずつ身につけて、学習効率を高めていました。

まとめ

記事のまとめです。

  • 大切なのは結果より過程:結果で一喜一憂するよりも、過程から次回へつなげることが重要!
  • 思うような結果が出ない時にすべきこと:
  • ①子どもの思いや考えを聞く
  • ②子どもと結果を分析する
  • ③子どもと過程について考える
  • ④学習のポイントや次回へ向けたアドバイスをする
  • 【俺はやるぜ!】と書いてあるノートと試験後のやるべきこと実践で、実際に得点アップ

子どもがテスト結果を持ち帰ってきた時は、全ては急にできなくても、何か1つでも頭の隅に置いてみて下さい。

  • ブックマーク